ホーム > 会社情報 > 交通安全への取り組み

交通安全への取り組み


BSHグループはタクシー会社として信用を第一とし、タクシー事業を通じ社会に奉仕することを宣言しています。

モットーはお客様第一主義に徹し、公共の交通機関として安全と安心を提供することです。確実に輸送することは社会的な使命、ご乗車されるお客様には常に快適な時間と空間であるよう、乗務員の指導・教育に日々、力を入れています。

事故防止対策

乗務員に対して「事故の重大性を認識すること」を事故対策の第一に掲げています。事故はちょっとした不注意から起こることがしばしばです。他車との事故(追突や出会い頭の衝突など)が多く、また深夜時間帯に多く起きています。BSHではこうした事故が起きないように「事故を認識」することで乗務員の意識を喚起しています。

BSHグループでは、事故防止のための心構え6カ条として以下の6項目を掲げています。

1.出庫から帰庫まで気を緩めないこと。
2.思いやりと譲り合いの気持ちを持つこと。
3.油断や過信をしないこと。
4.急ぎや焦りを抑えること。
5.カッカしたりカリカリしたりしないこと。
6.エコドライブを励行すること。

タクシー乗務員は、ドライバーのプロとして「事故を起こしてはならない」という強い気持ち、信念を持つべく、日々の訓練を続けています。

重点指導項目

1月
事業用自動車を運転するときの心構え。
2月
交通事故に関わる運転者の生理的、及び心理的要因と対処方法の理解。
3月
自動車の構造上の特性の把握。
4月
乗車中の旅客の安全を確保するための留意点。
5月
事業用自動車の運行の安全、及び旅客の安全を確保するために遵守しなければならない事項。
6月
危険の予測、及び回避の理解と訓練。
7月
旅客が乗降するときの安全を確保するための留意点。
8月
健康管理の重要性の理解。
9月
運転者の運転適正に応じた安全運転の習熟。
10月
危険の予測、及び回避の理解と訓練。
11月
営業区域における道路、及び交通の状況の把握。
12月
事業用自動車の運行の安全、及び旅客の安全を確保するために遵守しなければならない事項。

取り組みのようす

体調検査
体調検査
勤務日報の確認
勤務日報の確認
乗車前点検
乗車前点検